廃車にするために必要な手続き|処分をする時の料金

女性

車を売る時の注意点

自動車

自動車を売却できる場所は多く存在していますが、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。それは自動車の買取価格に大きく影響してくるので、それぞれの特徴について覚えておきましょう。

詳細を確認する

業者ごとの買取価格の違い

事故

事故車を買取してもらう場合は、いくつかの業者に見積もりをしてもらい比較して決めるとよいでしょう。業者ごとに評価基準が違い、買取価格が違うのでどの業者を選ぶのかが重要です。

詳細を確認する

高く売るための管理方法

船

乗らなくなった船は漁船販売店で売ってしまいましょう。漁船販売店であれば、付属パーツなどを元に査定を行なって買取してもらうことができます。また、買取の際は船の状態が価格に大きく影響してくるので、できるだけキレイにしておきましょう。

詳細を確認する

不動車を処分して出費削減

スーツの男性

壊れてしまった車を処分したいという場合は、廃車にするための手続きが必要です。手続きを行う場合は、各地域の陸運局へ車を持って行き、抹消手続きを行なうことが必要です。しかし、陸運局へ行って廃車手続きをする場合は営業時間は平日のみのため、仕事の休みを取る必要が出てきます。もし休みを取ることができないといった場合は、代行業者に依頼することができます。代行業者に依頼すると、車の搬送から抹消手続きまで全て行なってくれます。搬送に関しては、レッカー代などが請求される業者もあるようなので、そういった無駄な料金が発生しないよう利用する業者は慎重に選びましょう。依頼をする場合には、予め書類を揃えておくことが必要です。自動車検査証や自賠責保険証明書、印鑑証明書や委任状が必要となってきます。マイナンバー制度ができてからは、マイナンバーが記載されている書類のコピーも必要となりました。
廃車に必要になってくる料金は、印紙代のみであり他にかかる料金がないため、数百円程度で済みます。代行業者に手続きを依頼する場合には、代行料金も必要となってきます。その料金は業者によって異なるので、安い業者を探すのであればネットなどで一括査定サイトを利用してみるのもよいでしょう。不要になった車を処分する場合は、売ることも可能です。不動車であっても車の細かいパーツを売ることで収益を得ることができるため、不動車でも買い取ってくれるので、ただ廃車にするだけではなく、買取業者に引き取ってもらうことでお得になります。